電気料金を比較してから借りるのがベスト|優良会社の見極め術

次世代のエネルギー

Biofuel

有機ゴミを発酵させることで生成されるバイオガス発電は、次世代エネルギーとして注目されつつあることをご存知でしょうか。まだ広まっているとは言えず、認知度は低いのですが、維持コストや導入コストが安価なので、既に実用化している企業も増えています。

電気会社を自由に選ぶ

コンセント

2016年4月から、電力自由化となりました。電力自由化とは、電気会社を自由に選べる制度のことです。これまでは地域別の大手電力会社が事業を独占していましたが、2016年4月以降は自由に電力会社を選べるようになります。場合によっては、電気料金が大幅に安くなることもあります。どこの電気会社を選ぶかについては、比較の方法にコツがあります。地域ごとに選べる電気会社とプランは異なるため、地域ごとに電気料金を比較して選ぶ必要があります。電気料金を比較するときは、比較サイトや新しい電気会社のホームページにある一括比較などを利用するのが便利です。郵便番号を入れるだけで地域別の電気料金プランを出してくれるのでわかりやすくなります。電気会社には、様々な種類の会社が参入してきており、携帯電話会社やガス会社なども参入しています。そのため、携帯電話を契約するとさらに安くなったり、ガスとセットで申し込むとさらに安くなったりすることもあります。変更の手続きは難しくありません。新しい電気会社を決めたら、新しい電気会社に申し込むたけで新しい電気会社が解約などの切り替え手続きを行ってくれます。スマートメーターという機器を設置する必要がありますが、それだけで工事は完了し、特に立ち会いも必要ありません。停電リスクがあがったり電気供給が不安定になるのではないかと思うかもしれませんが、送電方法は従来通りなのでそういった心配はいりません。

選ぶポイント

電気工事

電気設備工事店を選ぶポイントは3つあります。1つは見積内容が明瞭かどうかということです。もう1つは施工実績が高いかどうかです。最後に自社施工業者であるかどうかです。業者の中には下請け業者に任せるところもあります。自前で施工をしてくれるところを選びましょう。

電気を選べる利点とは

主婦

電力自由化で好きな電力会社と契約することができるようになりました。これで安い電気を使用できます。また既存の電力会社も全国展開をすることができ、新電力は本体企業とのプランを設定することでどちらも販売促進することができます。申し込みは新契約をする会社に連絡をするだけなので簡単です。